サイト内検索

お知らせ

阿波銀行様から創業120周年を記念し、救急支援車両等を寄贈いただきました

株式会社阿波銀行(岡田 好史頭取)様から、創業120周年を記念して、当支部へラピッドレスポンスカー1台と救急法等講習普及車両2台、災害用移動炊飯器40基を寄贈いただきました。

同行は明治29年に創業。地元金融機関としての金融サービスの提供はもとより、経営方針に「地域への貢献」を掲げられ、地域産業の育成や文化振興にも積極的に取り組まれ、本年6月21日をもって120周年を迎えられました。

6月7日に徳島県庁で行われた贈呈式では、岡田頭取が「救急医療や災害時の食の支援にお役立てください」と車両の記念鍵と災害用移動炊飯器の柄杓を飯泉嘉門支部長へ贈呈。受け取った飯泉支部長は、「県民の命を守る活動に役立てたい」とお礼を述べました。

ラピッドレスポンスカーは、徳島赤十字病院へ配備。救急要請を受けた際に医師等が迅速に救急現場へ急行し、現場到着から救命処置を行うことで救命率の向上を図る乗用車タイプのドクターカーで、県内では初めての運用となります。

一方、救急法等講習普及車両は、年間約240回、1万3千人余りの県民が受講している当支部の心肺蘇生やAEDを中心とした救急法講習等の更なる普及を図るために活用する予定です。

20160621-01
車両の記念鍵を飯泉支部長に手渡す岡田頭取(右)

20160621-02
災害用移動炊飯器の柄杓を飯泉支部長に手渡す岡田頭取(右)

20160621-03
お礼を述べる飯泉支部長(左)

20160621-04
阿波銀行様、赤十字関係者等で記念撮影

20160621-05
寄贈いただいたラピッドレスポンスカー

20160621-06
救急法等の普及を図る講習普及車両

20160621-07
蘇生人形等の多数の講習資器材が搭載可能です

20160621-08
寄贈いただいた災害用移動炊飯器