サイト内検索

寄付・支援をしたい

遺産・相続財産のご寄付

近年、大切な方を亡くされた方々から、「故人の遺産を社会のために寄付したい」「自分で築いた財産の中で、相続させた後の余剰財産を寄付したい」というご相談やお申し出が寄せられています。
日本赤十字社徳島県支部では、こうした尊いご意思にお応えするために、「遺言」や「相続財産」によるご寄付を提案させていただいております。
また当支部では、地元の阿波銀行様と提携し、ご寄付いただく方のご意思を尊重したスムーズで安心な相続手続きをサポートさせていただきます。

遺言による寄付

遺言により、自分の築いた財産を特定の人々に分けることを遺贈といいます。
この遺言による相続は、民法が定めている法定相続の規定よりも優先され、遺言書の内容により、遺産の受取人やその内容を指定することができます。
この遺言による方法で、財産の一部の受取人として「日本赤十字社徳島県支部」を指定することができます。

相続財産の寄付

ご遺族の方が相続された財産を相続税の申告期限内(相続開始から10ヶ月以内)に日本赤十字社徳島県支部にご寄付いただいた場合は、その寄付された財産には相続税がかかりません(税制上の優遇措置が適用されます)。

優遇措置を適用するためには、日本赤十字社が発行する「相続財産の寄付に関する証明書」を添付して相続税の申告をしていただく必要があります。