サイト内検索

活動報告

世界の子どもたちに心を寄せる~赤十字国際救護員が青少年赤十字加盟校で活動報告授業~

11月12日、赤十字国際救護員の勝占智子看護師(徳島赤十字病院)が新町小学校6年生に対して授業を行いました。

同校児童は、青少年赤十字活動の一環として、国際理解・親善学習に取り組んでおり、世界の貧困問題や紛争地域で暮らす子どもたちの現状を知ることで「自分たちにできる事」について考えています。

授業では勝占看護師が、これまで活動してきたヨルダンなど5ヵ国の現状について映像や写真で説明。水を日本のように使うことができないフィリピンの子どもたちや、充分な医療が受けられないバングラデシュ避難民の過酷な生活について学びました。

授業を終えた児童からは、現地の子どもたちの過酷な環境に驚きの表情を浮かべつつも、「物資や食料はどこから支給されているのか。」という質問や「私たちは恵まれた環境で生活が出来ていることを知ることが出来た。」などの意見が聞かれ、国際理解・親善についてより一層深まった授業になりました。

勝占看護師に質問する児童