サイト内検索

活動報告

多くの方から台風第19号災害義援金が届けられました

12月17日、青少年赤十字加盟校の徳島中央高等学校様から、台風第19号災害義援金が寄せられました。

この義援金は、11月3日に行われた同校文化祭で生徒会手作りの募金箱を設置し、生徒や地域住民、保護者などの来場者から集めたものです。

贈呈式には 鎌田 一輝生徒会長が出席し、「ここ数年の日本は非常に災害が多く、今も復興が進んでいない被災地がたくさんある。少しでも被災者の方が安心して暮らせるための力になりたい。今後もボランティアをはじめとした活動を続けたい。」と力強く語りました。

 

また、12月23日には、特定非営利活動法人徳島県明るい社会づくり運動様から、台風第19号災害義援金が寄せられました。

この義援金は、11月23日に行われた「令和元年度 明社まつり」でのバザー売上金を全額ご寄託いただいたものです。

贈呈式には 山西 国朗会長をはじめ3名の方が出席され、「被災地の方々に有効に役立てていただきたい。」と温かいお言葉を寄せられました。

 

このたび寄せられた義援金は、被災地県に設置される義援金配分委員会を通じて、被災者に全額届けられます。

 

新居事務局長に義援金を手渡す山西 国朗会長(写真左から2番目)