サイト内検索

活動報告

~災害からいのちをまもるために備えよう~ 阿波製紙株式会社 阿南事業所で防災啓発プログラムを実施

 平成29年1月6日、阿波製紙株式会社 阿南事業所で仕事始めの安全研修として、いつどこで発生するのか予測のできない災害に備えて、少しでも被害を軽減させたり、いざという時に慌てないために日頃から必要な備えについての講習を実施しました。
 東日本大震災での実際の津波の映像や、過去からの赤十字救護班の救護活動の経験談等を通して、「物」だけでなく「知識」や「意識」を備えることが大切であること、また、自分の住む(活動する)地域の防災マップ等で災害時の被害について理解し「正しく恐れ」「それぞれが想定される災害をよく理解し、対策に取組、被害を減らそう」「自分のいのちは自分で守る」ことを伝えました。
 講習実施担当の方からは「訓練を重ね自助力を高めることで、救助側が本当に助けを必要としているところに労力を割くことが出来、より多くの人が助かるためにも事前の準備の大切さを再認識した」との感想を頂きました。
 その後に搬送の実技講習を実施。また他の講習会についても行いたいとのお話しも頂きました。
 日本赤十字社徳島県支部では、各種講習会を実施しておりますので、地域・職域等でお考えの折は、ご相談下さい。

img_0895%ef%bc%88%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc%ef%bc%89img_0898%ef%bc%88%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc%ef%bc%89
担架と、応用担架(毛布担架)での搬送の実技講習の様子