サイト内検索

活動報告

徳島赤十字病院の工事現場に支援自販機を設置

5月11日、高度急性期医療を担う徳島赤十字病院の新棟建設工事現場に、赤十字活動支援自動販売機を2台設置しました。

この自販機は、工事を施工する大林・森川特定建設工事共同企業体様の社会貢献活動の一環で、赤十字活動や支援自販機の趣旨にご賛同いただき、設置が実現。

自販機は現場事務所前に設置され、売上の一部が当支部の活動資金として寄付され、災害時の救護活動や救急法の普及活動など、「いのちと健康、尊厳」を守る赤十字活動に活用されます。

新棟では、徳島赤十字病院の理念である『断らない医療』を実践するために、日帰り手術部門の新設をはじめ、病室を個室化するための病棟新設やPETの新設等による中央診療部門の拡充、また救急外来部門(ER)の拡充等を図ります。

去る4月21日には当支部の飯泉 嘉門支部長をはじめ、関係者が参加して起工式が行われ、平成29年秋の完成を目指して現在工事が進められています。

これで、当支部の赤十字活動支援自販機は、計13台となりました。

20160613-01
工事事務所前に2台設置した赤十字活動支援自販機

20160613-02
徳島赤十字病院の新棟建設現場