サイト内検索

活動報告

ボランティアセンター設置模擬訓練に参加

1月8日、徳島市社会福祉協議会などが主催する「災害ボランティアセンター設置模擬訓練」に青年奉仕団、語学奉仕団、防災救護奉仕団のメンバーが参加しました。

訓練は、南海トラフ巨大地震発生から24時間後にボランティアセンターの立ち上げ・運営を行うという想定で実施。

参加者は、グループごとに配付されたタブレットに、「家族が行方不明。一緒に探して欲しい。」「Can I help you?と外国人避難者の対応の依頼」等の様々な状況が送られてくるなか、臨機応変に対応を行い、ボランティアセンターの運営手順を確認しました。

当支部から参加した奉仕団員からは、「状況が混乱している中、リーダーとして的確に指示を出すのが難しかった。」「こうした訓練は、初めてだったので良い経験になった。今後は、奉仕団としてできることを考えながら活動していきたい。」との声が聞かれ、奉仕団として今後の活動に期待が持てる結果となりました。

タブレットには、緊急地震速報など様々な状況が付与されます

 

ハイゼックスを使用して、ホットケーキミックスで蒸しパンの炊き出し

 

英語にて外国人の対応を行う語学奉仕団員