サイト内検索

活動報告

「みんなの思い」をプルタブに込めて

青少年赤十字加盟校の徳島市応神小学校の児童から、地域の施設や学校のみんなで協力して集めた「みんなの思い」がこもった寄付金6,024円とプルタブ約44kgが寄せられました。

2月1日(木)、当支部事務局を訪れた代表児童7名から小森將晴事務局長に「困っている人のために使ってください。」と、手渡されました。

同小学校では、平成24年度からこのような活動を続けており、今回で6回目。これまでに寄せられた寄付金は48,353円、プルタブの総重量は約300kgとなりました。

寄せられた寄付金は、赤十字の人道的な活動に、プルタブは換金の上、青少年赤十字海外支援事業に使わせていただきます。

集めたプルタブを前にみんなで記念撮影

※青少年赤十字海外支援事業についてはこちらをクリック www.jrc.or.jp/activity/youth/support/