サイト内検索

活動報告

平成30年度大規模地震時医療活動訓練に参加

8月4日、内閣府が主催する「平成30年度大規模地震時医療活動訓練」に当支部救護員が参加しました。
この訓練は南海トラフ巨大地震を想定したもので、医療活動を担う組織体制が「正しく機能するか、また実効性はあるか」の検証を目的に行われました。
当日は、当支部救護員がリエゾン(災害対策現地情報連絡員)として徳島県庁災害対策本部に加わり、関係機関と連携を取りながら、円滑な救護活動を行うための情報収集や連絡調整を行いました。
また、当県アマチュア無線奉仕団が同訓練に初めて参加し、徳島県支部災害対策本部にて県庁災害対策本部並びに徳島赤十字病院との通信訓練を行い、発災時に備えて支部と同奉仕団との連携力強化に努めました。

被災状況の情報収集を行う支部救護員(県庁)


定例ミーティングで情報共有を行う様子(県庁)


通信訓練を行うアマチュア無線奉仕団員と支部職員(支部事務局)