サイト内検索

活動報告

困っている人のために、私たちができること~城西中学校から、たくさんのペットボトルキャップが寄せられました~

徳島市城西中学校の青少年赤十字(JRC)メンバーから、約164kgのペットボトルキャップをご寄贈いただきました。
同校のJRCでは、月ごとにテーマを決めてボランティア活動を行っており、10月は「ペットボトルキャップ月間」として、各教室を回ってキャップの回収をしてくれました。JRCメンバーの中には、家族でゴミの分別活動にも参加しており、キャップを選別して持ち寄ってくれる生徒もいたそうです。
生徒のみなさんは、「これは、私たち中学生でもできる活動。これからもキャップを捨てるだけではなく、困っている人のために役立てたい。」と述べ、生徒一丸となって集めたキャップを小森事務局長に手渡しました。
生徒のみなさんが集めてくださったペットボトルキャップは、換金の上、青少年赤十字海外支援事業に使わせていただきます。

当支部 小森事務局長にプルタブを手渡すJRCメンバーの池田さん・桑内さん・相田さん(左から)