サイト内検索

活動報告

川島病院「健康・福祉フェスタ」で救急法講習を実施

 

11月11日、川島病院(徳島市佐古)で開催された「第21回 川島ホスピタルグループ 健康・福祉フェスタ」のステージプログラムとして、赤十字救急法講習を行いました。
小さなお子様連れからお年寄りまで多くの方で賑わう中、ステージ上で心肺蘇生とAEDの使用方法について模擬実技を実施。その後、ステージ前に並べた訓練人形で、来場者に救命の実技を体験していただきました。
実技体験では、秋晴れの空の下、額に汗を浮かべながら真剣な表情で「強く・早く・絶え間ない胸骨圧迫」を続ける姿が見られました。
また、会場に訪れていた山岳グループ関係者からは、「山登り中の事故は救急隊の到着までに時間がかかるため、メンバーにもぜひ救急法講習を受講させたい。」との声が聞かれました。
日本赤十字社徳島県支部では、尊い命と健康を守るため、地域や職域、学校など県内各地で年間249回・受講者13,696名(平成29年度実績)の講習会を開催しています。
指導員の派遣や受講をご希望の方は、こちらからお申し込みください。

ステージ上で模擬実技を行う赤十字救急法指導員

救命実技を体験する来場者