サイト内検索

活動報告

人道の灯りを鳴門から~レッドライトアッププロジェクトを実施~

 5月8日、鳴門市役所において「レッドライトアッププロジェクト」を開始しました。
 このプロジェクトは、5月の赤十字運動月間を中心に歴史的建造物や公共施設等を赤くライトアップすることにより、先人たちが歩んできた人道の歴史に思いをはせるとともに、赤十字活動への理解を深めていただくことを目的として全国一斉に実施しているものです。
 5月17日まで、毎日18時~21時に点灯しており、日没とともに鳴門市役所本庁舎西側の壁面や樹木が幻想的に照らされ、「人間を救うのは、人間だ」と書いた横断幕が浮かび上がります。
 鳴門市は、ドイツ人捕虜を人道的に待遇した板東俘虜収容所跡地を「赤十字ゆかりの地」に指定するなど赤十字活動とゆかりが深く、今回のプロジェクトは鳴門市役所様のご協力により実施したもので、徳島県内では初めての取り組みとなります。

※赤十字運動月間に関する取り組みについては、こちらをご覧ください。赤くライトアップした鳴門市役所本庁舎