サイト内検索

徳島県支部について

徳島県支部の沿革

年号・月 徳島県支部の動き
明治20年10月 全国で初めて設立された6支部の1つとして、日本赤十字社徳島県委員部を創立
明治25年7月 災害救護事業を開始
県下全域の風水害で救護班派遣(死者311人に及ぶ)
明治27年11月 全国各県に支部制がしかれ、日本赤十字社徳島支部と改称
戦時救護を開始
本社の指示により日清戦争へ救護班派遣、その後太平洋戦争終結まで戦時救護に努める
明治28年1月 徳島支部篤志看護婦人会発足(現在の赤十字奉仕団の前身)
看護婦養成を開始
昭和23年5月 県下各市町村に日赤奉仕団を結成
昭和24年2月 青少年赤十字徳島県指導者協議会発足
昭和24年9月 小松島町立診療所(現徳島赤十字病院)の移管を受け、支部診療所として発足
昭和27年10月 新定款の制定により日本赤十字社徳島県支部と改称
昭和28年8月 徳島県立徳島乳児院が開院され運営を受託
昭和29年9月 血液銀行(現徳島県赤十字血液センター)開設
昭和34年6月 徳島県立ひのみね学園が開設され運営を受託
昭和44年4月 徳島県赤十字有功会発足
昭和58年11月 徳島市庄町3丁目の県有地を仮受け、支部社屋並びに血液センター建設
昭和62年11月 支部創立100周年記念赤十字大会開催
平成9年4月 徳島県赤十字有功会再発足
平成16年9月 株式会社阿波銀行から土地・建物を仮受け、吉野川市鴨島町に赤十字防災センターを設置
平成18年4月 徳島県立徳島乳児院、徳島県立ひのみね学園・療護園・療育園の移管を受け、支部が開設
徳島赤十字乳児院及び徳島赤十字ひのみね総合療育センターと改称
平成18年5月 徳島赤十字病院が新築移転し新病院開院
平成19年12月 支部創立120周年記念赤十字大会開催
平成23年9月 鳴門市にある板東俘虜収容所跡地(ドイツ村公園)を「赤十字ゆかりの地」と指定し、「赤十字ゆかりの地モニュメント」を設置
平成27年4月 ひのみね学園、ひのみね療育園を統合して徳島赤十字ひのみね総合療育センターに、ひのみね療護園を徳島赤十字障がい者支援施設ひのみねに改称
平成29年12月 支部創立130周年記念赤十字大会開催
平成30年4月 「とくしま赤十字災害救護サポートセンター」開所